子供(子ども)の習い事に求めること

Sponsored Link

親が習い事に求めることはたくさんあると思います。
安全に子供(子ども)が遊べる場所が減っている中、
子供を安心した環境下で体を動かしたり学んだりさせたいという
親の思いの受け皿が習い事である場合もあります。

またどんな習い事にも共通しているのが、
その習い事を通して子供(子ども)に成長してもらいたい、
という思いではないでしょうか。

目標にむかって努力すること、
試合の勝敗で学ぶこと、
毎日の練習をこなす継続力、

習い事に求めること

できなかったことができるようになる喜び、
習い事で起こるさまざまな体験から学び、
吸収し、
成長をしてくれることが親の願いです。

また子供の苦手なことや短所などを補う目的で習い事をさせる時は、
親の求めることが
子供のマイナス面をプラスにしてもらいたいとはっきりしています。

はっきりしているからこそ、
親が子供をたくせる教室を探せるかということが
ポイントになってくると思います。

子供の長所を伸ばしてもらいたいとなると、
指導してくれる先生にも
ある程度のレベルの高さが求められます。

親が求めることに応えてもらえるかを知るには、
その教室で一番上のレベルにいる子供を見れば
未来の子供の姿が想像できると思います。

よい先生に指導してもらうことが
習い事の上達には欠かせませんが、

自分の子供が厳しい先生の方がよいのか、
優しくておもしろい先生の方がやる気になるのか、
先生との相性も大切です。

優しい先生なので遊んでばかりとか、
先生が厳しくて萎縮してしまうなど、
習い事を始めてよく聞かれる声です。

習い事を始める前に
ある程度親の望む環境が整っていないと、
親が求めることは実現しなくなってしまいます。

求めることが多ければ多いほど、
教室選びは難しく見極めが必要
になってきます。

Sponsored Link