学習系 VS 芸術・体得系

Sponsored Link

何か習い事を始めようと思った時、
学習系にするか芸術・体得系にするか、
迷う人もいると思います。
習い事を子供(子ども)にさせている親の中で、
学習系と芸術・体得系両方を習わせている人はたくさんいます。

文武両道という訳ではないでしょうが、
どちらも子供の成長に必要な要素なので
両方やらせることになるのだと思います。

学習系 VS 芸術•体得系

最初は何か1つに絞って始める場合、
迷っているなら
子供に足りないものを教えてくれるような習い事
選んではどうでしょうか。

なぜなら、好きなことや長所は多少時期が遅くても
伸びていくものだと思いますが、

不得意なものやできないものは
早めにやらせて克服させあげた方が、
子供が困ることが少なくなると思うからです。

学業が基本となる子供は、
いつでも学習系の習い事させるかさせないかは
親にとって悩みの種です。

小学校にあがる前の基礎学力、
学校の授業に合わせた予習復習、
中学受験など、

常にどうすればよいか親は落ち着かなくなります。

習わせると決めても学習系は選択肢があまりにも多いので、
自分の子供に合ったものを選ぶことも大変です。

子供のうちはとにかく体を動かすことが大切だと言われているので、
体を動かす習い事もぜひ習わせてあげたいですが、

子供なのであまり激しい系は心配だと思う人もいるかも知れません。

どのスポーツも子供のうちはケガをさせないように
柔軟、基本運動、体力づくりなどが中心に教えられていて、

大人がやる時は激しいスポーツでも、
子供には無理のないように
子供向けのカリキュラムになっているところが多いです。

音楽系や芸術系は子供のうちにしか磨くことができない感性
とよく言われていますが、

それゆえ無理をしてやらすイメージがあまりない習い事でもあります。

絵を描くことが好きとか、うたを歌うのが好きというように、
好きとか楽しいとかが感性を豊かにする要素のような気がします。

楽器の演奏などは日々の練習など厳しかったりしますが、
導入はリトミックなどで楽しく学べるようになっています。

Sponsored Link