子供(子ども)の習い事 小4の壁

Sponsored Link

小4の壁と言うのをご存知でしょうか?
それまで続けて来た習い事も、中学受験のために習い始める塾によって、
やめざるを得なくなるということです。

進学塾のほとんどが、小学4年生から本格的に受験に向けての勉強をスタートします。

小4の壁と言っても、
小4の最初は塾に通い始めても
何とか他の習い事も続けようと頑張る人もたくさんいます。

しかし、小テストによってかえられるレベル別クラス、
頻度が増していく模擬テスト、
教科ごとに出される宿題などによって
徐々に時間的にも身体的にも余裕がなくなってくるのです。

子供(子ども)の習い事 小4の壁

それにプラスして、学校の授業と宿題は絶対的やらなくてはならないので、
習い事に費やせるエネルギーも時間も減ってしまうのです。

中学受験をすると決めた以上、
そのゴールは中学受験が終わるまでということになります。

子供がいっぱいいっぱいで習い事を並行して続けることが無理だと思った時は、
やめるか受験が終わるまで休会しなければいけません。

中には習い事を大切にしていて
小学校6年の本格的な追い込みまで続ける子供(子ども)がいますが、

子供の疲労が激しく周りが心配するレベルの達する子供もいます。

二兎追うものは一兎も得ずと親が感じたら、
早めに決断させるのも親の役目ではないでしょうか。

小4と言えばゴールデンエイジと言われ、
習い事でも目覚ましく発達する時期です。

そのエネルギーを何に使うのか、親も悩むところです。

Sponsored Link