親が原因、子供(子ども)が原因

Sponsored Link

親が子供(子ども)が約束をした練習をやらない、やる気がない、
上達しないなどの理由で習い事をやめさせる時は、
他の習い事や今後やるかもしれない習い事に
少なからず影響が出るということを覚悟しなければなりません。

やめさせるということは最終判断で、
子供(子ども)に自分のしてきたことへの責任を感じさせることが
少しは出来るかもしれませんが、

子供(子ども)の態度が改まなければ、
またやめさせるようなことになってしまいます。

親が原因、子供(子ども)が原因

やめ癖をつけるようなことは何としても避けたいと思うなら、
二度と同じ理由でやめさせないという親の強い意志と、
子供(子ども)に二度と同じ真似をさせないという
毅然とした態度が必要になってくると思います。

子供(子ども)がやめたいと言って習い事をやめる場合、
親が納得出来る理由があるならば良いと思いますが、

子供(子ども)のわがままややる気のなさなどが原因の場合は深刻です。

習い事は子供(子ども)の前向きな態度がなければ
上達も継続もありません。

やめさせるのは簡単ですが、
そのような態度が他のことにも影響しないかということは
親としては考えなかればなりません。

やめさせたく無いけれど、
意欲がなかれば上達はせず時間を無駄に過ごすということになってしまう。

親としてはジレンマですが、
子供にしてみれば嫌だと思っていたことから
自分が原因なのにも関わらず解放されてしまうわけですから、
ただやめさせるという訳には行かないではないでしょうか。

他の習い事は真面目にやるという約束書を書かせる、
好きなゲームをしばらく禁止する、
家庭によって対応は違ってくると思いますが、

子供(子ども)にもう同じことをしちゃいけないんだ
感じさせることは大切だと思います。

Sponsored Link