習い事のやめ方

Sponsored Link

どんな習い事もやめる時には気が重いものです。

熱心に指導していただいた先生なら特にです。

終わりよければという言葉がありますが、
やめると言う時はせめてそれまで指導していただいた先生方に
感謝の気持ちも一緒に伝えたいものです。

子供(子ども)が高学年などになると、
子供(子ども)自身にやめることを言わせる人もいますが、

子供(子ども)もやめると言うことは言いにくいものです。

また、やめる理由などもきちんと伝えられなかったりします。

やはり始める時に親が「よろしくお願いします」と挨拶したように、
最後は「ありがとうございました」と
親の感謝の言葉で終わるのがよいのではないでしょうか。

子供(子ども)のことをとても可愛がってくれたり、
子供(子ども)が大好きだった先生などには、

子供(子ども)自身に感謝の手紙を書かせるというのもあります。

まだ字や文章が上手く書けない年齢なら
感謝の絵でも構いません。

やはり、教えて来た子供(子ども)からの気持ちが伝わることが、
先生には嬉しいのではないでしょうか。

習い事のやめ方

習い事をやめる最後の日は、
子供(子ども)にきちんと挨拶をさせましょう。

色々な思いは親子に残るでしょうが、
その習い事が子供(子ども)の成長の中の一つを築いたことは
間違いないのですから。

Sponsored Link