スイミングスクール(水泳) 体験談

Sponsored Link

入園を控えた息子に、
体と心を強くするために運動系の習い事をさせたいと両親で話し合いました。

候補はいくつか挙りましたが、
蛙の子は蛙ではありませんが、

私たち両親が比較的泳ぎが得意で好きだったことと、
水泳には大きなケガがないという理由で
スイミングスクールに通わせることにしました。

子供(子ども)は3歳前だったので
多くのスイミングスクールでは、
まだ親子教室をおこなっていました。

スイミングスクール(水泳) 体験談

幼稚園での母子離れということも目的にあったので、
2歳でも子供(子ども)だけで習うことができるということで、

私の実家のマンションの中にあるスイミングスクールに通わせることにしました。

予想通りに初日から大泣きで、
私がガラスごしに見学をして終始手をふって安心させようとしたのですが、
まったく泣きやまず水の中でコーチに抱っこされて
授業は終わってしまいました。

週1回水曜日だけの習い事だったのですが、
一ヶ月たっても二ヶ月たっても泣きやむことはありませんでした。

そればかりか、プールに行く水曜日が嫌で、
毎日毎日何曜日かを聞くうちに
一週間の曜日を覚えてしまいました。

私はどんなに子供(子ども)が泣いてもレッスンが進まなくても
初めての習い事だったこともあり、

やめさせるつもりはまったくありませんでした。

しかし、息子の嫌な気持ちがあまりにも強くなったせいか、
寝ながらうなされるようになりました。

行きたくないと泣いて訴えている分には聞く耳を持ちませんでしたが、
眠るという無意識の状態でうなされる子供の姿に心が痛んでしまい、
結局やめさせてしまいました。

その後幼稚園でも母子離れができず泣き続け、
ようやく落ち着いた年中になって
習い事をまた始めることになりました。

今度は子供(子ども)を交えての話し合いです。

いくつかの候補があったのですが、
息子が選んだのは意外にもスイミングスクール 水泳でした。

今度は絶対泣かないと約束させて通い始めました。

毎日のように通えば水の恐怖にも慣れるのではないかと、
家から少々遠かったのですがフリー制のスイミングスクール(水泳教室)を選びました。

泣かないと約束したのに、
息子は日を増すごとに強く泣くようになりました。

以前と違うことは授業が始まるとなきやむ日もあることでした。

それでもスイミングスクールのある駅に着くと泣きながら
下りのエスカレーターを逆走したり、

水着を着るのを拒否したりして、
ある時私の堪忍袋の緒が切れました。

息子に足りないのは体ではなく心なんだと強く思い、
スイミングスクールをやめさせて、
翌日から厳しさで知られている空手に強制的に通わせることにしました
(続きは体験談 空手で)。

水泳は結局、子供が小学生になった時に、
父親が近くのプールで泣き叫ぶ息子に特訓して泳げるようにしました。

Sponsored Link