体操教室 体験談

Sponsored Link

幼稚園に行くようになって他の子供達をみると、
自分の子供がいかに運動音痴であるかよくわかりました。

幼稚園の授業で教えられていた体操も何もできなかったので、
幼稚園の課外授業で教えている体操教室でも習うことにしました。

体操教室 体験談

ここで初めて体操教室が子供(子ども)の習い事として加わりました。

体操教室が始まって、
息子が跳び箱を習っていた時のことです。

息子は跳び箱をとぶということが理解できなかったのか、
手をまったく使わずハードルを跳ぶように跳び箱をとび越えてしまったのです。

手のつき方が悪いとか、
踏み台の前で怖くてとまってしまうという子はいますが、

息子は体で覚えたことがほとんどないので
頭が真っ白になってしまい、

想像もつかないようなとんでもない行動に出てしまうのです。

習い事といっても幼稚園専門に教えている先生だけあって、
とんでもない息子を跳び箱の横で受け止めてくれましたが、

そんな先生もこれほどの子供(子ども)は見たことないと驚いていました。

とんでもないことは鉄棒でもおきました。

生まれて初めて鉄棒で回転した息子は何が起こったかわからなくなり、
回転の途中で手を自分から離してしまい、
体が遠心力で飛ばされました。

この時も先生が必死の形相で受け止めてくれましたが、
目の前で見ていた私はしばらくショックで放心状態でした。

そのまま落ちていたら大けがです。

子供(子ども)は赤ちゃんの頃から転んだりぶつけたりしながら、
自分の体に対する防御本能を磨いていくのだと思いますが、

ハイハイしている頃から障害物には近づかない慎重な息子の性格が、
完全によくない方向で出てきたのでした。

このハイハイの頃にそれに気づいていれば、
子供が一番最初に習う習い事は間違いなく体操教室でした。

今でも親として後悔しています。

Sponsored Link