絵画教室 体験談

Sponsored Link

泣き虫の息子は小さい頃から絵を描くたびに泣いていました。

スイミングスクールなどで水が怖いと言って泣くなら理解もできるでしょうが、

自分が思うように絵を描くことができなくて
2歳位まではよく泣いていました。

2歳を過ぎる頃から少し筋力がついて
自分が思うように絵が描けるようになってから、
息子は絵を描くことが大好きになりました。

絵画教室 体験談

太い線しか描くことができないクレヨンは嫌いで、
きれいな線が描ける水性ペンを好んで描いていました。

水性ペンは線が細いので色を塗ることには適していません。

色塗りをするようになってから、
息子の作品は雑に描いているように見えて、
子供(子ども)にも迷いが出ました。

そこで、よい先生に出会えたらと思い
習い事として絵画教室を探し始めたのです。

子供(子ども)が通っている幼稚園のお友達に
絵画教室をいくつか紹介されて行ってみましたが、

指導方法などがどれも息子には向いていないと感じ、
見つけられないまま小学生になってしまいました。

息子に妹ができ私が赤ちゃんを抱っこして散歩している時に、
偶然近所に新しくできた絵画教室を発見しました!

入口にチラシがあったので持ち帰り、
書いてあったホームページにアクセスしてみると、
子供(子ども)達の楽しい作品が載っていて
指導方法も魅力的でした。

すぐに1日体験に申込み参加することにしました。

先生は藝大出身の若い女性の先生で、
大らかさに厳しさも兼ねそろえた理想的な先生でした。

1日体験では工作をしたのですが、
絵を見て欲しいというと、
個人の希望による指導もしてもらえるというので通うことになりました。

絵画教室では息子はひたすら絵を描いてきましたが、
その頃取り憑かれたように
ホラーのような血が飛び散るような絵を描いていました。

私は少し心配になり先生に相談してみると、
息子の絵は子供が惹き付けられる絵で
絵画教室では大人気なんだそうです。

そして、息子は絵を描くことによって
自分の内面を表現するタイプなので、
創作活動が何よりのストレス発散になっていると言われました。

血が飛び散るような絵をとても好評価に受け止めてもらい、
親としては安心しとても嬉しかったです。

そんな絵画教室も他の習い事の影響でやめなくてはならない危機がありました。

先生にそのことを言いに行くと、
自分の教室じゃなくても良いから息子には絵を続けさせて欲しいと言われました。

その後先生とよく話し合い、
午前中の幼児クラスなら通えるということになり、
幼児がワイワイ制作している横でも集中できるように
息子専用の個室を作っていただきました。

8.JPG

そのおかげで続けてこられて、
今年で4年目の習い事になります。

Sponsored Link