幼児教室(公文~くもん) 体験談

Sponsored Link

子供(子ども)の基本勉強である「読み・書き・そろばん」
家で教えようと思い、子供が小さい頃から家で親が勉強を教えてきました。

教えて行くと息子は字を書いたり文章を読んだりすることが得意で、
計算がまったく不得意の文系脳ということがはっきりしてきました。

不得意なものほどできるようにさせなければと思い、
毎日のように百マス計算や計算ドリルをやらせて特訓しました。

しかし、その場はできて百点がとれるのですが、
「10+5は?」と聞いてみると答えられないのです。

ドリルのような問題を条件反射で答えることができているだけで、
いつまでも子供の計算能力があがらず困ってしまいました。

家での限界を感じ、
計算をみてもらえる習い事を探しました。

そこで習い事の中でも人気の、
くもん(公文)の夏期教室に通って様子をみることにしました。

くもん(公文)の先生は年配の女性の先生で、
幼児クラスにも力を入れている信頼できる先生でした。

一日目に息子の勉強のレベルを確かめた先生は
「計算した答えは間違っていないけれども、
計算に時間がかかりまだ身についていない」と的確におっしゃいました。

くもん(公文)では、同じようなテキストを繰り返し早くやることによって、
指を使わなくても答えがすぐに出てくるように指導していました。

息子は早くやるということが苦手なタイプですが、
規定の時間内に先生の前で問題を全問正解すると
メダルがもらえると聞き、
息子なりにメダルを目指して頑張っていました。

家でも教室と同じテキストをもらい毎日早く計算する練習をしました。

そして、夏期教室の最終日にメダルをかけたテストが行なわれ、
少しタイムオーバーした息子におまけで先生がメダルをくれました。

息子は習い事の中でもくもん(公文)教室に通うことが楽しかったようですが、
やはりテキスト以外では計算することができず、
このやり方も息子には向いていないと感じ
夏期教室だけでやめることにしました。

Sponsored Link