公文~国語・算数・英語

Sponsored Link

娘が小学校に入学した頃、
近所に1年生が6人いたのですが、

なんとそのうち4人が1年生から「公文」に通っていました。

入学した小学校の周辺に、
「公文」は3教室(すごっ!)あって、

開いている曜日が異なっていたので、
他の習い事の曜日とかぶらないように、
みなさん、教室選びをされていたようです。

kumon

科目も、「国語」「算数」「英語」の3教科あって、
だいたいみなさん、2教科をやっていたようです。

国語・算数をとる子、算数・英語をとる子
組み合わせはいろいろ。

公文は定番の「算数」、
読解力があがると噂の「国語」、
eペンシルを使った楽しい「英語」と
どの教科も評判がいいですね。

娘の場合ですが、
小3ぐらいまで「国語」と「算数」の2教科を続けたものの、
適当人間の性格が災いし、

「国語」は字がめちゃくちゃ汚くなり、
書き順は適当・・・。
「算数」は計算は速いものの、ミス連発。

娘にはむいていないなと感じ、
やめました。

宿題のプリントも、
自主的にはやらず、
親子喧嘩の原因にもなってしまっていましたので・・・。

はっきりいって「公文」には
向き不向きがあります。

幼い頃からプリントを自主的にすすめられ、
先取りすることを楽しめるお子さん向きです。

やらされながらしかできない子には向かないのです。

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA